不動産屋に相談しに行きました

20代の男性会社員です。先日、一人暮らしをしたいと思い、不動産屋へ行きました。しかし、自分にはあまり資金が無かったので、最初の初期費用を抑えるために、敷金・礼金が不要で入れるアパートを見つけてもらいました。最初に初期費用がかからない分、アパートを退去する時にいくらか実費で清掃費用を払わなければならないようですが、今の自分にはとてもありがたい話でした。町の不動産屋で、とても親切なところだったので、また何かあった時は相談しようと思います。資金不足で一人暮らしを諦めている人も、一度相談してみる価値はあると思います。

敷金とは、不動産を借り受ける場合に前もって払う保証金のようなものです。借りていたところを引き払う場合に、何かしらキズや破損が発生した場合に修繕費として充当するのです。本来、これは何もトラブルが無ければ満額返還されるべきものです。しかし、契約書において返還しなくてよいという契約が成されている場合が多々あり、こうした場合は当然返還されないことになります。日本においては慣習的、または立場的に借主は大家の言うことに服従するべきという雰囲気があります。しかし、不動産業者と契約する場合にはしっかり契約書をチェックし、返還の権利を正しく行使するようにするべきです。

© Copyright 不動産屋での物件探し. All rights reserved.